Fukushima Regional Map

旅はすみか



東日本大震災から10年という節目の年にあたり、アメリカと日本の2組のアーティスト・ファミリーが、詩的探求を通して社会における共同体意識を深めるプロジェクト「旅はすみか/Journey Itself Home」を展開します。アーティストたちは福島の被災者の体験談をもとに、旅先で出会う人々と交流しながら心の回復力について学び、共有し合います。

アーティストたちは改装をほどこした特設トラックで、2021年の夏から秋にかけて福島と東京を巡回する予定です。俳句のエトスと松尾芭蕉の旅路からインスピレーションを得て、「音のある俳句」を生み出す参加型プロセスを構築します。巡回先で出会う人々に参加を呼びかけ、束の間のこの「パレード」の一群にクリエイターとして加わってもらいます。参加者一人ずつ、それぞれとの交流を積み重ねることで人々の中の憂う心を今までになかった形で認識し、希望に繋げる道を模索します。


To mark the ten-year anniversary of the Great East Japan Earthquake two artist families, one American, the other Japanese, embark on 旅はすみか/ Journey Itself Home, a poetic act of radical caring to rebuild social trust. Based on first-person narratives from the Fukushima 311 Disaster, the artists team will engage the public to share lessons of emotional resilience from survivors.

With an artist-designed truck, the team will tour the streets of Fukushima and Tokyo during summer and fall of 2021. Inspired by the ethos of haiku and the journeys of Bashō, the artists will develop a participatory process to generate a sonic haiku. Engaging with this singular ‘parade’ will empower individuals as creators of a mobile, ephemeral tribute. Working together one by one, we will collectively create a unique way to acknowledge grief and access hope. 

Presentation of 旅はすみか/Journey Itself Home will coincide with the next iteration of the Summer Olympics and Paralympics in Tokyo, 2021.  This project is part of NichiBei Creative Artists.










2019-2021 Journey Itself Home. All rights reserved.