まちあるき //  世田谷    



あなたは今どこにいますか?


散歩することは家までの瞑想の旅です
非日常と日常が逆転したような生活の今、
東北とアメリカとあなたの居場所を繋いだ記念碑が あなたの日常や安心を捉え直すきっかけになるかもしれません。



阿部浩之・遠藤夏香とともに「人と直接出会い、話を聞くこと」を大切にするアーティストとして 集結した私たちはその根本とする人と出会うことができない中で、それでも人がつながることができる方法を模索します。人から人への紹介、微かな関係を頼りに私たちは、東日本大震災の被災地にお住まいの経験をお持ちの20 代~30 代の方を中心に「声」をズームで集め始めました。

「最近いちばんよく考えることはなんですか?」

「安全とはどのような音ですか?」

「どのような音を聞くと励まされますか?」

東北の方達へのこの3つの質問は多く語られてきた被災地での実際の悲しみや出来事に 焦点を当てるのではなく、皆さんの「今」を聞くためのものです。
それに答えていただく声から、例えば俳句のように、聞くひとの感性によって その人の日常に寄り添えるものを作ることを試みました。東北にある「津波石」といわれる石碑から形をとった記念碑は、そんな皆さんの声を流します。

本来ならばそこまで津波がきたということを知らせる教訓を促すための津波石ですが、私たちの記念碑は、歩いて旅をします。誰かの日常と出会うために。 会話の記録全体を読む

ゆっくりとお話しすることも、触れ合うことも難しいかもしれません。
でももし、街中で私たちを見つけたら少し耳を傾けてみませんか。

How do we begin again?


Journey Itself Home is a mediative walk through local Setagaya neighborhoods. These sound monuments connects Tohoku, the US, and your local spot, wherever that may be. In our pandemic times, mundane experiences have become extraordinary. Please join us to find peace of mind. 


A poetic act of radical caring to mark the 10th anniversary of the 311 Fukushima Disaster.
American artists in collaboration with Japanese artists, developed a virtual process to engage with young adults in Tohoku region when it was not safe to travel. Using a trusted relational network, they recorded stories about safety, strength, and hopes for the future.

Rather than asking survivors to recount the tragedy of ten years ago, young adults were invited on zoom to record their responses to these key questions:

"What’s on your mind right now?” 

"What sounds bring you strength?”

“What sounds bring you a sense of safety?”  kind of sound is safety?"

From these recorded voices, the artists have created sonic haiku that is amplified through a trio of interactive, mobile sound monuments in the shape of tsunami stones from the Tohoku region.  Read the full conversation transcripts.

Tsunami stones stand in silent vigil, warning residents of dangers from previous disasters. Instead, these sound monuments move slowly by foot, meeting people where they are, reminders that ordinary daily life is something to be cherished.

散歩 1

6 月 12 日
Akasaka Hikawa Shrine


散歩 2

6 月 19 日 or  6 月 20 日
Kuhonbutsu Shotengai

散歩 3

6 月 26 日 or 6 月 27 日
Kuhonbutsu Shotengai

散歩 4

7 月 3 日 or 7 月 4 日

散歩 5

7 月 10 日 or 7 月 11 日  
Akasaka Hikawa Shrine


散歩 6

7 月 17 日 or 7 月 18 日

散歩 7



散歩 8

散歩 9


.


旅はすみか」はそれぞれが多様なスキルを持った 日本とアメリカの2つ家族のアーティストによるチームです。それぞれが別の力を持ち合わせながら、別の視点を交差させ、人々と悲しみや希望を捉え直す機会を作ります。

アメリカ、カリフォルニアを拠点とするアーティスト夫婦marksearch は、
東日本大震災から10 年という節目をテーマにしたプロジェクト「旅はすみかJournyitselfHome」
の制作のために日本に渡ってきました。世田谷在住のアーティスト夫婦、
阿部浩之・遠藤夏香とともに「人と直接出会い、話を聞くこと」を大切にするアーティストとして

チームの詳細はこちら
Two artist families, one Japanese, and the other American, blend their diverse skills to create Journey Itself Home. One by one, we can each acknowledge our collective grief and find hope.

Sue Mark & Bruce Douglas, a California-based artist team, came to Japan in March, 2020 to create Journey Itself Home. Because of the constraints of the global pandemic, they have made Setagaya their home. Joining with Tokyo-based artists Hiroyuki Abe and Natsuka Endo, this Nichibei artist team values listening and learning from people.

Learn more about the team here.

(2021,7,28~8,8)


07/28/2021 - 08/08/2021


2019-2021 Journey Itself Home. All rights reserved.