赤坂氷川神社





Akasaka Hikawa Shrine
Tokyo, JP
June 12 // 2021
まちあるき(散歩)第一日目は、赤坂氷川神社にて行いました。アメリカ大使館の向かいに位置する、この緑豊かな境内は、1000年以上もの歴史を有する神域です。神主さんは声の記念碑を温かく迎えてくださいました。



Our first meditation procession was at Akasaka Hikawa Shrine.  A green oasis across from the American Embassy, this has been a sacred Shinto site for more than one thousand years. The shrine’s priest welcomed us to share the Koe No Kinen Hi. 





立派に生い茂る木々の間を練り歩きながら、参拝に訪れる方々が音のモニュメントと触れ合い、耳を傾けました。樹齢400年を超える大銀杏は、第二次世界大戦中に米軍の空襲により深刻な被害を受けたそうです。



The public interacted with the sound monuments as we moved between two sacred ginko trees, each over 400 years old.  One of the trees was severely damaged by American bombs during World War II.               




「この神聖な場所で、銀杏の大木に囲まれながら東北の方々の声に耳を傾けると、心に迫るものがあります。被災者の方々に想いを馳せ、深く静かなひと時を過ごせました。」





“Hearing the voices from Tohoku here in this spiritual place among the ancient Ginko trees is a powerful experience, a meditation honoring the disaster survivors.”


2019-2021 Journey Itself Home. All rights reserved.